舌 ボロボロ 病気 原因

舌がボロボロになる原因や病気

スポンサーリンク

舌がボロボロになった、という場合は、アレルギーをまず疑うようにしましょう。
アレルギーと言えば、食品を連想する人が多いのですが、この場合は金属に対するそれも該当します。
 口の中にある金属と言えば、歯の詰め物や銀歯となります。
これは別のものに交換した途端に起きることがあるので、合わないと感じたら治療を受けた歯科医に相談するようにしましょう。
 食品に関するアレルギーについては、特定のものを口にしたらかゆみやしびれが生じるようになった、と言うのであれば、それが該当します。
 これは今まで何ともなくても、急に起きることがあるので、油断は禁物です。
 これは花粉症による影響が大きいとも言われており、果物や生野菜のせいで生じることが多いとも言われています。
 アレルギーは原因となっているものに気づくまで一定の時間がかかるのが特徴です。
放置していると重症になることが多いので、その疑いを感じた段階で、専門医に相談するようにしましょう。
スポンサーリンク

 舌がボロボロになる病気としては、口内炎もあります。
これは睡眠不足やストレスがなどが引き金となり、発症するものだと言われています。
 口内炎と言えば、放置していても治る病気だと言われていますが、その原因となっているものは生活環境や精神なので、軽視しないようにしましょう。
 複数カ所にできて、食事をするのでさえ難儀だと感じるようであれば、薬局で売られている薬を塗る、歯科医でレーザー治療を受けるという対処法があります。
 亜鉛・鉄分・ビタミンが不足した結果、舌がボロボロになった、ということもあります。
これは味覚障害の原因にもなるので、注意が必要です。
 これになったときの対処法としては、食事の中に生野菜や果物などを混ぜる、栄誉補補助としてビタミン剤などを用いることです。
 味がよく分からなくなると、食中毒を起こすことにも繋がりかねません。
病気の連鎖反応を起こさないように、日頃から健康管理に気を遣うようにしましょう。
スポンサーリンク