舌 病気 赤い斑点 原因

舌に赤い斑点ができる原因や病気

スポンサーリンク

舌に赤い斑点ができた、と言えば重大な病気のサインなのではないか、と考える人がいます。
確かにその可能性もありますが、あまり気に病みすぎるのも問題があります。
 では、舌に赤い斑点ができる病気とは一体どんなものがあるのかと言いますと、口内炎がまず考えられます。
 口内炎は火傷や切り傷などが原因で発症すると言われています。
これの場合は、何もしなくても一週間か二週間もあれば完治するため、その間不快感に耐えればよいだけです。
 どうしても早急に直す必要があると言うのであれば、薬局で売られている市販薬、歯医者で行われているレーザー治療法などを使うようにしましょう。
 前者の場合はコストが安く、すぐに手をつけられますが、後者だと自費治療となるため、確実性と即効性がある代わりに割高となっています。
 一喝以上経っても口内炎が治らないのであれば、それは別の原因がある可能性が高いので、そのときは専門医の診察や治療を受けるようにしましょう。
スポンサーリンク

 舌に赤い斑点ができる病気としては、溶連菌感染症があります。
これは発熱や喉の痛み、嘔吐など風邪とよく似た症状を伴いますが、その後に手足に赤い発疹が、舌に赤いぶつぶつができるのが特徴です。
 溶連菌感染症にかかると、俗にイチゴ舌と言われる状態になるため、素人でも分かり易いものとなります。
 この病気の原因となる溶連菌は、咳やくしゃみなどで感染します。
抵抗力のさほどない子供、身体が弱っている大人などは感染しやすいため、注意が必要になります。
 これは抗生物質を服用することでその症状を治すことができます。
一度こうなると溶連菌を完全に体内から除去しない限り、再発する可能性があるので、担当医の指示に従って行動するようにしましょう。
 この病気は喉の痛みが酷い場合が多いので、そこに刺激ないものを使うようにしましょう。
水分補給を欠かさないこともまた肝要です。
 何をするにせよ、口内環境が悪化していると面倒になることを、日頃から意識するようにしましょう。
スポンサーリンク