舌 病気 裂ける 原因

舌が裂ける病気の原因とは何でしょうか

スポンサーリンク

舌が裂ける病気などと書くと、何だかとても恐ろしく身近なものではないようですが、実は意外と起こりやすい病気なのです。
そもそも舌は味覚を司ると共に、言葉を発するための重要な器官です。
つまり、舌が何らかの病気にかかって痛みや違和感を感じるようになると、食事や会話もままならない状態になります。
では舌が裂ける原因にはどのようなものがあるでしょうか。
まず一つ目はドライマウスです。
これは読んで字のごとく、口の中が乾燥してしまった状態を指します。
ドライマウスは、本来更年期を過ぎた女性が訴えるものですが、最近では若い世代でも多く見られます。
これは慢性的な唾液不足です。
唾液には口の中で細菌が繁殖するのを抑え、清潔に保つ働きがあります。
しかし、唾液を必要としない軟らかい食事、ストレス、鼻炎などによって口呼吸をすること、あるいは自己免疫疾患である「シェーグレン症候群」などの原因によって唾液量は減り、ドライマウスになってしまうのです。
これは軽度ならば口の中がネバネバしたり、苔が生えたりする程度ですが、酷くなると舌が裂けるようになり、痛みを伴うことで食事や発音にも支障を来すようになります。
スポンサーリンク

もう一つ、大きな原因として挙げられるのが「溝状舌」という病気です。
これは舌の表面に多数の溝やしわが出来た状態です。
通常痛みはありませんが、溝に汚れが溜まりやすいので、そこに食べかすが入ったりして炎症を起こすと痛みや口臭などの症状が現れます。
溝が出来てしまう原因としては、先天性のもの・栄養不足・体内の循環が悪いことなどが挙げられます。
溝に痛みが生じるのを防ぐため、常に口の中を清潔に保つことが大切です。
その他、先天性のものを除いてはバランスの良い食事で栄養を十分に摂るなど生活習慣(特に食生活)を改める必要があります。
最後の原因は身体全体の不調によるものです。
口の中に腫瘍が出来たり炎症が起きている場合があります。
あるいは内科疾患によるものもあります。
これは口の中だけの問題ではありません。
例えば、脂質異常症や高血圧症、糖尿病なども原因となりうるのです。
このような場合にも、やはり生活習慣を見直すことが大切です。
ここまで色々な原因を挙げて来ましたが、セルフケア出来るものとそうではないものがあるため、症状が見られた場合には口腔外科を受診すると良いでしょう。
スポンサーリンク