舌 ギザギザ 病気 原因 症状

舌にギザギザの症状がある病気の原因

スポンサーリンク

がんの病気や白板症なども考えられるのが舌にできる口内炎で、時間が経過しても症状が改善しない場合や、舌だけではなく唇などにも口内炎が広がり、激しい痛みなどの症状がある場合には他の病気を疑うことも大切です。
特に症状として判断が付けられやすいのは、高熱や舌の色や形などで、自然治癒による完治が期待できる口内炎の場合には患部の周りが赤みを帯びているのが特徴ですが、舌のがんは縁がギザギザしており、触ると硬いのが特徴的な違いです。
原因は、飲酒や喫煙などによる慢性的な刺激によるものであり、予防には禁酒や禁煙などの生活習慣の改善がカギとなり、早期発見・早期治療によって完治できる病気です。
また、病気の中には未病と呼ばれる類いもあり、舌にギザギザとした歯形の跡がつく場合には水毒を起こしている可能性も挙げられています。
歯形がつくほどの状態の原因は体力の衰えが関係しており、健康的な舌は硬く引き締まり、ピンク色をしています。
スポンサーリンク

さらに、腫れぼったい症状がある場合には体の中に余分な水分が溜まった状態の水毒に見舞われている疑いがあります。
症状として、むくみや頭痛や胃炎などが起こります。
この場合の原因は体力不足など、代謝機能の低下を挙げることができ、未病も放置することで様々な疾患を招きやすくなるために早めの対策が必要です。
医療機関では漢方が用いられた療法も展開され、血や水などに働きかけ、健康体へと導きます。
過剰な水分を調節あるいは排出させることにより、ギザギザした歯形がキレイになくなるため、セルフケアでは回復の目安に繋がります。
口腔がんの一種である舌のがんも同様、治療内容に手術や薬物療法として漢方薬が用いられています。
免疫を高めるためにも自然由来の植物の力がしっかり作用するため、普段の食生活にも取り入れることが大切です。
口腔内は様々な刺激を受けやすい部分で、味覚障害を起こす場合もあるために刺激物は控えることは重要で、薬膳料理などを取り入れるのも1つの予防策です。
スポンサーリンク