子供 舌 白い 原因

子供の舌が白い場合の原因

スポンサーリンク

子供にも増えている口のトラブルにはドライマスウが挙げられていますが、舌に付着する舌苔が白い場合、原因には子供にも増えている自律神経失調症をはじめ、免疫力の低下の可能性も挙げることができます。
舌の表面には糸状乳頭があり、オウトツのある隙間には食べた物のカスが付着しやすい特徴があります。
しかしながら、唾液の分泌が少なくなるドライマウスであったり、体調不良を起こすことで免疫力が低下し、細菌の繁殖によって白い舌苔が現れる場合があります。
舌苔をチェックすることで子供の体調を図ることが可能で、疲労物質が蓄積された状態をはじめ、ウイルス性の口内炎が原因となる場合も挙げられています。
この場合、白い口内炎ができるだけではなく発熱も起こりやすく、医療機関を速やかに受診することが得策です。
通常の口内炎とは異なり、自然治癒による改善は難しく、ウイルス抑制剤などの投薬治療が展開されます。
子供から子供へ感染するため、蔓延させないためにも治療を受けることは重要です。
スポンサーリンク

また、自律神経の乱れも原因の1つに考えられており、自律神経失調症の方に多く見られる症状です。
注意が必要なのは、舌の縁や裏側などにまで白さが広がっている場合、白板症と呼ばれる病気の可能性も疑われるために、口腔外科などでの相談も必要です。
さらに舌苔が剥がれている状態は、アトピー性皮膚炎を患う子供に多く見受けられている状態であり、ビタミンやタンパク質不足などが原因に挙げることができます。
健康的な状態はピンク色であり、体調の変化をチェックするためにも色の変化に重点をおくことは大切で、黒っぽい、黄色っぽいなど、病気に繋がる変化が現れるのも特徴の1つです。
大人だけではなく、子供もストレスなどに敏感であるために自律神経のバランスを図ることや、ウイルスからの抵抗力をつけるための免疫力を高める工夫も必要です。
特に栄養の良い食べ物を摂り入れたり、ドライマウスの改善のために歯科医師へ相談するなど、口腔内のトラブル改善は親の役割の1つです。
スポンサーリンク