舌 出る 病気 原因

舌にぶつぶつが出る病気や原因

スポンサーリンク

舌にぶつぶつが出ると言えば、何かしらの病気を連想させるものです。
何か重病のサインなのではないかと身構える人も多いですが、心配しているばかりでは埒が明きません。
 まずはそれが起きた原因を考えるようにしましょう。
 日頃から食生活に偏りがあり、ビタミンが不足しがちだという自覚のある人だと、口内炎が考えられます。
 これは唇の内側や舌などに炎症が起きた結果生じるもので、誰しもが一度や二度は経験するものです。
 食事内容に問題はなさそうになのにそれになったという場合は、寝不足やストレスなどが原因だと考えられます。
 口内環境というものは、体調の悪化がすぐに出る部分だとされています。
 そのため、口の中の様子がおかしいと感じたら、日頃の生活態度を振り返るようにしましょう。
 なお、食事中に口の中を噛んだだけでもなる病気なので、痛みさえ気にならなければ大したことはない、とも言えるものなので、そんなに気にしないことも大切です。
 放置していても一週間か二週間で完治するのも特徴の一つです。
スポンサーリンク

 咽喉頭異常感症という病気があります。
こちらも舌に赤いぶつぶつが出るのが特徴です。
しかしこちらは他に、喉にいがいがした感じがあったり、違和感を覚えたりします。
 この病気は精神的な影響が大きいものだとされています。
風邪を引いたときに喉に違和感を覚え、それを引き摺った結果発症すると言われているからです。
 治療法としては、定期的に検査を受け、喉に異常がないという診断を受けることです。
原因となっている健康面への不安を取り除けば、舌に出た赤いぶつぶつも自ずと治ります。
 溶連菌感染症は俗にイチゴ舌と言われるような状態を招く病気です。
名前にある通り、舌が赤いぶつぶつだらけになります。
 これは咳やくしゃみなどで感染するため、誰かがなるとすぐ近くにいる人にもうつると言われています。
 抗生物質の投与により症状の改善が見込めるので、その疑いがある段階で病院へ行き、医師の指導に従うようにしましょう。
 完治までの期間は半月から三週間だとされており、薬の服用を停止するのは、医師の許可を得た後となります。
スポンサーリンク