舌 痺れる 病気 原因

舌が痺れる原因と隠された病気とは

スポンサーリンク

舌にびりびりとした痛みを感じたり、痺れるのを感じたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
その原因として考えられる物には、いくつかあります。
まず1つ目に考えられる原因としては、喫煙・飲食物による刺激があります。
たばこに含まれるニコチンによって血液の流れが悪くなることで、痺れるように感じることがあるとされています。
また、熱いものや辛いものを食べたりした際にそれらの刺激によって痛くなることがあります。
舌のやけどによっても痺れるのを感じることがあります。
それ以外の原因としては、鉄・ビタミンB1といった栄養が不足することで起こることがあります。
また汗や唾液などによる金属アレルギーでも生じることがあります。
ここまでは日常生活の中のことが原因と考えられている場合です。
それ以外の原因としては、脳梗塞の前兆であったり、舌痛症というような病気によって痛みや痺れといったものが引き起こされている場合があります。
スポンサーリンク

病気による場合は舌の痺れだけではなく、頭痛や吐き気があらわれたり喉の痛みを感じたりということがあります。
また、便秘や下痢の症状があわせて起こることもあります。
このように舌の痛みや痺れだけではなく、それ以外の症状も伴っている場合には早めに診てもらうのが安心といえます。
舌が痺れる病気として一番原因として考えられるのには、舌痛症というものがあります。
この病気の場合は痛みや痺れが続き、原因となる傷のようなものが見つからないことにあります。
ストレス等の心理的なものが病気に関係していると考えられているため、治療方法としては抗うつ剤等の薬物を用いられたものが行われます。
服用し始めると1週間から10日程度で症状が改善されるとされています。
それ以外には、糖尿病や口腔カンジタ症、白板症といった病気が考えられます。
目立った傷や変化が考えられないのにもかかわらず、痛みや痺れを感じている場合には、総合病院等で診てもらいきちんと治療を受けた方がよさそうです。
スポンサーリンク