舌 オレンジ 病気 原因

舌がオレンジ色になる病気とその原因

スポンサーリンク

舌がオレンジ色になった、という経験を持つ人は少なからずいます。
これは直前にミカンなどを食べたのであれば、その色が移っただけなので何の心配もいりません。
 しかし、舌がオレンジ色になるようなものは何も食べた覚えがないのに、そうなったというのであれば、それは病気が原因の可能性もあります。
 では、病気であれば一体どのようなものが当てはまるのかと言えば、慢性胃炎や胃酸過多がまず考えられます。
 広く知られているように、口内環境というものは、身体が現在抱えている問題をすぐに反映する傾向にあります。
 そして慢性胃炎や胃酸過多を引き起こす原因となるのは、暴飲暴食やストレスです。
これらは胃腸を痛めつけ、その結果として口の中まで荒らしてしまうのです。
 自覚症状がある人は、早い段階で専門医の診察を受けるようにしましょう。
その指導を受けた上で、生活習慣を見直すようにすれば、その症状は自ずと改善されていきます。
 日頃から健康管理に気を遣うようにしましょう。
スポンサーリンク

 舌がオレンジ色になる原因としては、煙草の吸いすぎも考えられています。
喫煙は胃腸だけではなく心肺機能を低下させる要因にもなりますので、早い段階でそれをするのをやめましょう。
 しかし、急に喫煙をやめたら、それが強いストレスになる、と感じる人は徐々にその量を減らすようにしましょう。
ストレスもまた舌をオレンジ色にさせる原因、その一つだからです。
 寝不足もまた同様の現象を引き起こすとされています。
これは多忙を理由に寝不足となり、それがストレスになっているというのであれば、早急に改善する必要があります。
 風邪を引いた結果、水分が不足して舌がオレンジ色になる、ということもあります。
これは熱が高いときに起きやすいと言われており、健康状態を図る目安となります。
 このように、舌がオレンジ色だと、病気のサインとなっていることが多いので、注意が必要になります。
 日頃から舌の色を観察する習慣をつけておけば、問題を未然に防ぐことも可能となります。
スポンサーリンク